佐々木朗希の父親の死因や職業は?母子家庭で兄が面倒見てくれる!

佐々木朗希,父親,死因,職業,母子家庭,兄,スポーツ

ロッテドラフト1位の佐々木朗希選手の父親の職業は何だった?

死因は?

その後母子家庭で育ち兄が父親変わりに面倒を見てくれる!

ロッテドラフト1位で期待されている佐々木朗希選手の父親の死因は?

東日本大震災?職業は何?

その後母子家庭で兄が面倒見てくれる。

徹底大調査していきましょう。

スポンサーリンク

佐々木朗希(ろうき)選手は岩手出身!東日本大震災の被災者!

プロ野球の千葉ロッテマリーンズに入団した佐々木朗投手は、高校時代からプロ入り確実と言われた期待の逸材です。

出身は?

大谷翔平選手も岩手県出身で剛速球が持ち味の選手なので、岩手県には何かあるのかとマスコミが騒いだほどです(笑)

高校時代だけを比較したら大谷翔平選手よりも素質は上との声も多く、まだ未完成の体で160キロ以上の速球を投げれるのは驚異的ですね。

しなやかさな投球も佐々木朗希投手の大きな武器で、ボールに力が無駄なく伝わっているのもスピードが伸びる要因だと思います。

東日本大震災の被災者?

佐々木朗希投手も2011年に発生した東日本大震災の被災者で、岩手県陸前高田市から大船渡市へ移住していますね。

一瞬にして町並みが変わってしまった東日本大震災は、これからも語り継いでいかないといけません。

プロ野球選手として2020年はどんな活躍を見せてくれるのか、被災した東北の方も佐々木朗希投手の一挙手一投足に注目していますね。

多くの東日本大震災の被災者の希望の星として、プロの世界でも大きく飛躍してほしいところです。

スポンサーリンク

佐々木朗希の父親の死因は東日本大震災が原因?

佐々木朗希投手の父親の死因は何だったのでしょう。

亡くなった原因は?

佐々木選手の父親は東日本大震災で被災していて、佐々木朗希投手が9歳の時に亡くなっています。

37歳という若さで父親を亡くした佐々木朗希選手は、祖父母も亡くしている悲しい気持ちは計り知れませんね。

佐々木朗希投手の出身地である岩手県陸前高田市も津波で甚大な被害を受け、佐々木朗希投手の家族も大船渡市に移住しています。

一瞬で自宅も流され父親も亡くしたことを想像するだけで、何とも言えない気持ちになります。

佐々木で朗希投手の父親は葬儀屋で働いていて、震災当日の朝は父親と顔を合わすこともありませんでした。

震災当日から5日後に父親が発見されていて、わずか9歳で家族を失った佐々木朗希投手は状況を理解するのに時間がかかったそうです。

9歳で父親を亡くすことの心の痛みは、実際に父親を亡くした人じゃないと絶対にわからないと思います。

今や日本のどこでも大震災が発生しても不思議じゃないので、常に危機意識を持つことが重要だなと再認識させられましたね。

スポンサーリンク

佐々木朗希の兄が父親代わりに面倒を見る!

佐々木朗希投手には兄と弟が一人ずついて、兄の琉希さんも高校まで野球部で活躍していました。

兄が父親代わり?

琉希さんは父親が亡くなった後に佐々木朗希投手に厳しく接していて、父親変わりとなり家族を支えています。

37歳という若さで父親を亡くしたショックは琉希さんも同じだと思いますが、家族を支えるという長男の役目を見事に果たしていますね。

今の佐々木朗希選手があるのも琉希さんが厳しく接してきたからで、あえて心を鬼にして指導していたはずです。

いつも兄弟を間近で見ている母親も琉希さんは厳しく指導していたと話し、そんな兄を超えようと佐々木朗希投手も頑張っていますね。

野球の指導も?

野球に関しても琉希さんは佐々木朗希投手を厳しく指導し、佐々木朗希投手のハングリー精神に火を付けています。

佐々木朗希投手も琉希さんの厳しい指導があったからこそ、今の自分がいると感謝の言葉を口にしていますね。

父親が亡くなってしまったからこそ琉希さんも親代わりとして、佐々木朗希投手に接してきた兄弟愛を感じましたね。

スポンサーリンク

佐々木朗希は負けず嫌い?

佐々木朗希投手の性格についてみていきましょう。

負けず嫌い?

大の負けず嫌いを公言していて、並外れた闘争心があるのも投手として大きな武器です。

横浜高校の投手だった及川雅貴投手を携帯の待ち受けにして、負けたくないと対抗意識メラメラだったのは有名な話ですね。

しかも当時は及川雅貴投手に会ったこともないのに、形態の待ち受けにして対抗心を燃やしところは大の負けず嫌いで間違いありません(笑)

見た感じは負けず嫌いな感じには見えない部分もありますが、内面で闘志を燃やすタイプかなと思いますね。

兄の琉希さんからも褒められることは少なく、あえて厳しく突き放されることで佐々木朗希投手の負けず嫌いに磨きをかけています。

大船渡高校があと1勝したら甲子園出場という大舞台で、監督が佐々木朗希投手を投げさせなかったことが物議を呼びましたね。

もし監督が佐々木朗希投手を制止していなかったら、間違いなく佐々木朗希投手は決勝でなげていたはずです。

しかし大の負けず嫌いな佐々木朗希投手だからこそ、監督が投げさせなかったことは大正解でした。

大の負けず嫌いは裏を返せば無理をしてしまうこともあるので、私は監督の英断は素晴らしかったと思いますね。

スポンサーリンク

佐々木朗希の兄弟も野球選手なの?

佐々木朗希投手の兄である琉希さんも野球をしていて、佐々木朗希投手は琉希さんの姿を見て野球を始めています。

兄も野球を?

琉希さんも大船渡高校で4番を任されていた逸材でしたが、プロ野球の道へは進んでいません。

野球経験者だった琉希さんだったからこそ、誰よりも佐々木朗希投手の才能をいち早く見抜いていたのは間違いありません。

母親が見ていても佐々木朗希投手が可哀想になるほど、琉希さんは厳しく一人の人間としても育てていますね。

偉大な兄がいたからこそ佐々木朗希投手は兄を超えるため、厳しい練習にも耐えて全国屈指の超高校級の選手へと成長していきます。

佐々木朗希投手が辛かったのはもちろんですが、琉希さんも弟以上に苦しい思いをしていたのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

佐々木朗希の野球人生において父親の存在は大きい?

佐々木朗希投手が9歳の時に父親が亡くなっていますが、当然ながら父親の存在があったからこそ今の姿があります。

父親の存在が大きい

佐々木朗希投手の父親はいつも笑顔で3兄弟からも愛される存在で、休みの日にはスノーボードやジェットスキーに連れていってくれたそうです。

葬儀屋で働いていた父親の勤務時間は不規則ながら、子供たちに寂しい思いはさせないとの強い気持ちを感じますね。

もし佐々木朗希投手の父親が生きていたら、もっと佐々木朗希投手は飛躍していたかもしれません。

しかし父親が被災して亡くなってしまったことで、より家族の絆が深まり精神的にも強い投手になったと私は思います。

父親が亡くなっても佐々木朗希投手の胸の中では生き続けてると思うので、父親の存在の大きさは一生消えませんね。

佐々木朗希投手の野球人生だけではなく、全てにおいて父親の存在は大きく頑張れる原動力なのは間違いありません。

スポンサーリンク

佐々木朗希の経歴や大阪桐蔭高校を断った理由は?

佐々木朗希投手の最大の魅力は160キロを超える速球で、高校野球の名門である大阪桐蔭高校からも誘いがありました。

桐蔭高校の誘いを断る?

大阪桐蔭高校は甲子園で春夏連覇を達成している強豪校で、普通なら佐々木朗希投手は大阪桐蔭高校に進学するのがセオリーですね。

しかし佐々木朗希投手は大阪桐蔭高校の誘いを断り、地元の大船渡高校へ進学する道を選択しました。

大阪桐蔭高校の誘いを断った理由は地元の仲間と野球をしたい気持ちが強く、あえて強豪校からの誘いを断り地元に残っています。

地元で活躍?

結果的に大船渡高校で甲子園出場は果たせませんでしたが、佐々木朗希投手は甲子園よりも仲間と野球をすることが何より大事なことですね。

大阪桐蔭高校の誘いを断ることは勇気がいることですが、東日本大震災で被災した経験も地元に残る決断を後押ししたのもしれません。

大船渡高校であと1勝すれば甲子園という大事な試合で、佐々木朗希投手は登板せず大船渡高校は決勝で敗退しました。

しかし佐々木朗希望投手が後悔している感じではなく、晴れやかな姿がとても印象的でしたね。

スポンサーリンク

佐々木朗希の父親の死因や職業は?母子家庭で兄が面倒見てくれる!まとめ

引用https://number.bunshun.jp/articles/-/840118

以上、佐々木朗希選手についてまとめてみました。

お父さんを地震で突然失い、、町も様変わりして、、悲しみは計り知れないですよね。

お父さんも野球を応援してくれていたとのことで、きっと喜んでいると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました