ペイシェントハラスメントとは何?急増中で日本の医療に危機!

先日、子どもを連れてインフルエンザの予防接種に行きました。

どこの病院も品薄でなかなか予約が取れなく、行ったことのない病院での接種となりました。

そこのお医者さんが、お話好き?な方で、子どもを抱っこしていた筆者に、

「この子が大きくなる頃には、日本の外科医ほとんどいないよ!大変だねー。」としみじみ語っていました。

気になり調べたところ、何やらペイシェントハラスメントなるものが急増しているんだとか!?

ペイシェントハラスメントとは一体何なのでしょうか?

調査してみました。

スポンサーリンク

ペイシェント・ハラスメントって何?

ペイシェントハラスメントって何?

ハラスメントという言葉は最近よく聞きますが、ハラスメントにも種類が色々ありますよね。

そんな中でもペイシェントハラスメントとは何なのでしょうか?

実はドクターハラスメントの逆のパターンで、患者さんが医療従事者に対し暴言を吐いたりする事なんだそうです。

暴力行為にまで及ぶ事もあるんだそうです。

確かに、体調が悪い時って、なかなか愛想良くは出来ないものですが、助けてくれようとしてる看護師さんやお医者さんに対して、高圧的な態度で接するのは良くないですよね。

こういった事が急増しているそうで、正当な医療行為を妨害しているんだそうです。

冒頭で、外科医が減るなんて話もありましたが、手術に失敗や少しのミスがあったりすると責任を取らされますよね。

たしかに失敗は許されない事なのですが、、どうする事もできなかった場合もあると思います。

結果が全てな世界かもしれませんが、それによって、土下座までしないといけない医者までいるそうです。

それにより、外科医を希望する医者も減っているのだとか。。

ペイシェントハラスメントについて世間の反応は?

 

Twitter / ?

 

スポンサーリンク

ペイシェントハラスメントとは何?急増中で日本の医療に危機!まとめ

以上、ペイシェントハラスメントについてまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました