子連れハワイ旅行実録!!機内での過ごし方・機内食・持ち物について!!

こんにちは!管理人fumiです!今回はホノルル便での過ごし方、ANA航空とユナテッド航空の機内食の紹介、フライト中に持参して良かったものなどをご紹介したいと思います。

ホノルル便フライト中の過ごし方

行きのホノルル便のフライト時間は夜間の時間帯で6時間程なので、寝れるなら完全に寝て過ごした方が良いです!!ですが、飛行機に乗ってから機内食やおやつなどが出てくるので、落ち着いて寝れるのは3時間くらい!?(出来れば出発日はゆっくり昼寝をしておいた方がよさそう)。帰りのフライト時間は日中の時間帯で8時間半もあるので、映画を見たり、昼寝をしたり、ご飯やおやつをゆっくり楽しみながら過ごせました。フライト8時間半のうちの5時間程は機内の照明も暗くなるので、子ども達はゆっくり寝る事ができました。

機内食・おやつ

行きのANA便の機内食・おやつはとても豪華でした!!1歳児にも機内食が出て、キューピーの離乳食瓶詰めが2つ、おやつにはジュースやボーロ・おせんべいの詰め合わせ、軽食ではグラタンにジュース。5歳児にはハンバーグ定食に果物・ジュース、ハーゲンダッツまで!!大人も2種類の定食から選べて、味も美味しかったです。ハーゲンダッツも出てきて食べ切れない程豪華でした^^ユナイテッド航空の機内食は大人はビビンバかチャーハンから選び、キッズはフライドポテト・チキンナゲットにゼリーでした。軽食は、子どもはブドウとパイナップルの盛り合わせにマフィン、アイスクリーム、大人はパンにアイスクリーム。こちらも適量でおいしくいただきました。座席のない1歳児には食べ物の提供は無かったので、大人のパンをあげました。

機内に持って行って良かったもの

とにかく機内の乾燥がすごかったのでマスクは持っていって良かったです。周りでも咳をゴホゴホしてる人が多かったのでマスクをしておくと安心です。機内は意外と寒いので上着を着てブランケットをかけて眠るとちょうど良いかと思います。コンタクトも外したいので、洗浄液と眼鏡も必須でした。

ホノルル便機内での過ごし方・機内食・機内での必需品まとめ

行きのフライトは本当にあっという間でした。出来ればもうちょっと寝ていたかったなぁというくらい^^眠いながらも飛行機の窓からホノルルの景色が見えた時は感動しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする