田村優(ラグビー)が乱闘?年俸や結婚や彼女や我孫子弁当等調査!

スポンサーリンク

ラグビー日本代表の田村優選手が乱闘って何?大丈夫?とんでもない年俸や超絶美女の彼女との結婚はある?我孫子の弁当がメディアで紹介される。ラグビー日本代表のイケメン田村優選手が試合で乱闘?年俸や結婚や熱愛彼女が気になる。我孫子の弁当屋と深い関係?徹底的大調査!

スポンサーリンク

田村優(ラグビー)がリッチーとスコットランド戦で乱闘?何故?

台風で開催が危ぶまれたラグビーワールドカップのスコットランド戦ですが、無事に試合も行われスコットランドにも勝ち念願の決勝トーナメント進出も決めました。

お互い負けられない戦いとなり、かなり白熱した試合になりました。

その試合中に日本代表の田村優選手とスコットランド代表のジェレミー・リッチー選手が乱闘騒ぎを起こしてしまいました。

今回はその乱闘の経緯や田村優選手について調べてみました。

まずどうして田村選手とリッチー選手がもみ合いになったのかというと、スクラムが崩れ笛が鳴ったあとにリッチー選手が田村優選手をどうやら突き飛ばしたシーンがあります。

試合は一旦笛が鳴ると止まるのですが、それにもかかわらずリッチー選手が熱くなってしまい田村選手をプレーと関係のないところで突き飛ばしていたんですね。

それだけで終わらず田村選手もリッチー選手をお返しとばかりに突き飛ばすと、リッチー選手が激昂し掴みかかりました。

慌てて日本代表のチームメイトが止めに入り大きな乱闘には発展しませんでしたが、このプレーがクローズアップされてニュースにもなりました。

この乱闘になる前にある1つのプレーがきっかけになっています。

それが日本代表のウィリアム・トゥポウ選手がタックルでスコットランドの選手に対して後ろ向きに投げ飛ばしているプレーがありました。

どちらも負けたら予選リーグ敗退となってしまうため激しい試合の応酬で、タックルも相当反則ギリギリのプレーが多かったです。

ボルテージが上がりすぎたリッチー選手が何度か田村選手にもラフプレーを繰り返していたことで田村選手がとうとうキレてしまったんですね。

田村優(ラグビー)選手は悪くない?試合後どうなったの?

結局どちらにもイエローカードも出ずに試合は日本代表が見事スコットランドを破りました。

田村選手はクリーンなプレーを心がけていましたが、なんとしても勝ちたいリッチー選手に乱闘に巻こまれましたが怪我もなく試合はノーサイドを迎えます。

そしてノーサイド後に田村選手とリッチー選手はしっかり握手を交わしている映像も残っています。

田村選手も試合中はキレましたが、試合が終わると相手のスコットランドチーム全員の健闘を讃えており、これがラグビーの素晴らしさです。

リッチー選手の試合後のインスタグラムにはリーチ・マイケル選手とのツーショット写真がアップされました。

リッチー選手の手には日本刀が握られています。

これは日本代表が試合後に相手チームへ対して敬意を表し日本刀を送る儀式です。

インスタグラムにはその写真とともに日本代表に対して尊敬と今後の活躍を期待しているコメントも添えられていました。

スポンサーリンク

田村優(ラグビー)の父と弟もラグビー選手!

その田村選手についてもう少し深く掘り下げてみました。

田村選手の父親と弟もラグビー選手のラグビー一家で育っています。

父親は田村誠さんで、帝京大学から社会人のトヨタ自動車で活躍し、引退後は指導者として2015年まで豊田自動織機シャトルズで総監督を務ていました。

弟は明治大学から社会人の東芝ブレイブルーパスを経て、現在はサントリーサンゴリアスでプレーする田村煕さんです。

煕さんは高校国内代表候補にも選ばれたこともあり、お兄さんにも劣らない力を持っている選手です。

田村優選手も田村煕選手も父親の優秀な遺伝子を受け継いでいそうですね。

田村優(ラグビー)の沖縄出勤の母親がワイルド?

田村選手のの顔立ちを見ると南国顔じゃないですか?

田村選手の母親の詳細な情報はありませんが、どうやら沖縄出身ということだけはわかりました。

だからハーフっぽい顔立ちで男前ですが、どうやら顔の遺伝子は母親から強く受けついでいそうです。
このワイルドな顔だと母親もワイルドな感じなのでしょうかね。

ラグビーは父親から、外見は母親から受け継いでいる田村選手が人気なのも頷けます。

スポンサーリンク

田村優(ラグビー)の勝負弁当作成した我孫子の山田精肉店?

田村優選手は2011年から6年間トップリーグのNECグリーンロケッツに在籍していました。

その時の寮の近くにある山田屋精肉店によく通われていたそうです。

田村優選手は、「鶏のムネ肉で何か作って欲しい」と頼みこみ、山田精肉店が特別に田村選手の為に作ったのが、田村スペシャルというお弁当でした。

なんと500gの鶏ムネ肉を焼いたお弁当で、タンパク質豊富でヘルシーだけどがっつりなお弁当ですよね。

田村優(ラグビー)には超
絶美人な熱愛彼女がいる!結婚は?

これだけかっこ良くてモテモテの田村選手ですが、結婚はどうやらまだしていないようです。

しかし彼女の目撃情報は頻繁にネットでも取り上げられており、2018年8月にはその彼女がとても美人ということまでわかっています。

彼女の詳細は母親同様一切わかっておらず、超絶な美人な女性、しかわかっておりません。

モデルさんなのか芸能関係者なのかわからないですが、田村選手と1年以上お付き合いしているのでそろそろ結婚の話も持ち上がっているかもしれませんね。

田村優(ラグビー)の年俸(年収)はいくらくらい?

田村選手はプロ契約を勝ち取っている選手の1人です。

そこで気になるのが年俸ですが、こちらは公表されていませんでした。

日本だと野球やサッカーがメジャーでラグビーはまだまだマイナーなスポーツのため多額の年俸はもらっていないでしょうが、一般のサラリーマンよりは稼いでると思います。

ラグビー関係者によると、日本のラグビー選手の年俸は600万円〜1,500万円と言われています。
田村選手は日本代表にも選ばれるほどのトッププロなので1,000万円以上はもらっているのではと推測されます

またラグビー以外の活動としてエイベックスとも契約しており、雑誌のインタビューやCMのギャラも入るのでトータルとしてはもっともらっているでしょうね。

ワールドカップ後にはさらにCMやTVに引っ張りだこのはずなので、今年はさらに稼ぎそうです。

スポンサーリンク

田村優(ラグビー)のキックが凄い!司令塔として大注目!

2016年から田村選手は日本代表の司令塔として活躍しています。

監督やコーチからは日本で一番強いSO(スタンドオフ)と評価されています。

また日本代表を率いるキャプテンのリーチ・マイケル選手からも田村選手は天才だと絶賛されており、チームメイトからの信頼もかなり高い選手です。

その理由としては田村選手のキックの素晴らしさがあると思います。

実は田村選手は高校入学まではサッカーに明け暮れていて、キックには相当自信を持っています。
そのキックの正確さと軌道の美しさで観ているものみんなを惚れ惚れさせます。

ペナルティキックは高確率で入りますし、田村選手が蹴れば相手チームから諦めの表情が見て取れます。
キックだけではなく、司令塔としてフィールド全体を見渡す視野の広さやスペースを見つけ出す感覚、ボールを扱うスキルともまさに天才と言えるほどの凄みがあります。

現在の日本代表になくてはならない中心選手になっています。

田村優(ラグビー)の高校や大学での武勇伝についてご紹介!

では最後に田村選手の経歴や武勇伝を紹介します!

田村選手は愛知県出身で中学まではサッカーをしていました。

そして高校は愛知を離れ國學院栃木高校に進学し、そこでラグビーと出会います。

なんとラグビーを始めたのは高校に入ってからと選手としては遅咲きです。

どうして愛知から栃木にまで行ったのかその理由ですが、おそらく父親の田村誠さんと國學院栃木高校ラグビー部の顧問である吉岡先生が知り合いだったという説が濃厚です。

もしかしたら父親の田村誠さんは息子のラグビーセンスを見抜いていたのかもしれません。

田村選手の武勇伝としては60mほどの長い距離でコントロールを意識して蹴っていたというのがあります。

短い距離だと何も思わないですが、60mだとあの楕円形のボールをうまくコントロールして蹴るのは困難なのですが、田村選手はいとも簡単に正確にボール蹴っていて同期を驚かせていたようです。

ゴロのキックにしてもボールをどのくらい回転をさせれば目標地点まで行くかや、地面からの跳ね返るタイミングを予測してキックしているそうです。

瞬時に判断してキックの力加減を調整できるのは、やはり天才といわれる田村選手の類稀なスキルです。

日本ではマイナースポーツだったラグビーがこのワールドカップで人気に火がつき盛り上がりを見せています。

田村選手の知名度も上がり、街中で声をかけられる数も多くなるでしょう。

これからも田村選手と日本代表の活躍に期待して応援頑張っていきましょう!

スポンサーリンク

田村優(ラグビー)が乱闘?年俸や結婚や彼女や我孫子弁当等調査!まとめ

引用http://eitocu.com/archives/2560

以上、ラグビー日本代表の田村優選手についてまとめてみました。今後の活躍も期待しています!

<<関連記事>>

流大(ラグビー)はナイツに似てる?彼女や結婚や学歴や経歴も!

姫野和樹の筋肉凄くて体重112キロ!ラグビーでの怪我や高校どこ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする