ティモンディ(芸人)高岸トライアウトの結果は?済美高校野球部!

スポンサーリンク

アメトークにも出演予定の芸人ティモンディは済美高校の野球部出身で身体能力がすごい!高岸がプロ野球選手になるためのトライアウトを受けたそうですが結果は?芸人ティモンディは済美高校の野球部出身で凄腕&筋力も凄い!高岸のトライアウト結果はどう?徹底的に大調査!

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)って何?

8月1日に放送される「アメトーク!」に出演するティモンディは、2015年に結成されたお笑い芸人ですね。

ティモンディは高岸宏之さんと前田裕太さんの二人組で、高校野球の名門である愛媛県の済美高校出身の同級生です。

二人とも絵に書いたような野球漬けの毎日を過ごしていて、済美高校の野球部の寮で出会って芸人になったのも運命を感じますね。

済美高校野球部は日本一練習が厳しい高校と言われていて、ティモンティの2人も早朝から夜11時過ぎまで毎日のように練習に励んでいます。

済美高校で野球の厳しい練習の他にも社会人としての礼儀作法も学んでいるので、ティモンティの2人を見ていると清々しい気持ちになりますね。

後輩たちにもメッセージ!愛を感じますね。

まだまだティモンディとしてブレイク前といった感じですが、厳しいお笑いの世界でも野球の練習を糧に乗り越えられると話しています。

正真正銘のスポーツ芸人であるティモンディの2人は、お笑い芸人として無限の可能性を秘めたコンビだと思いました。

ティモンディ(芸人)のコンビ名の由来や出会いは?

ティモンディというコンビ名の由来は何なのかについてですが、ちょっと言いづらくてイラッとする感じもします(笑)

コンビ名の由来に深い理由はなく高岸宏行さんの夢に出てきた言葉で、何の前触れもなく夢でティモンディの言葉が浮かんできたそうです。

夢を見た翌日に高岸さんは前田さんにティモンディという言葉の意味を聞くも、ティモンディという言葉の意味は不明だったようですね。

調べてもわからないティモンディという言葉に運命を感じた高岸さんが、そのままコンビ名にしたのが名前の由来でした。
済美高校の野球部寮で出会ったティモンディの2人ですが、大学は別々の進路に進み疎遠になりますが再び運命の再開を果たすことになります。

高岸宏行さんが大学4年生の時に東京の道を歩いていたところ、偶然にも前田さんと道端でバッタリ会ってお笑い芸人になっていきます。

高校卒業後に一度は別れて4年後にバッタリ会うのも運命で、お笑い芸人になるのは必然だったと思うほどでしたね。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸宏行の150キロの剛速球に驚き!

ティモンディの高岸宏行さんは済美高校でレギュラーを獲得するほどで、野球の実力はプロ選手になれるくらいでした。

済美高校時代にはプロ野球のスカウトからも注目されていて、高校時代に150キロの剛速球を投げる本格派投手ですね。

残念ながら高岸さんと前田さんは甲子園出場は叶いませんでしたが、あと1勝すれば甲子園というところまで進んでいます。

プロ野球選手でも150キロを投げる事は難しい事なので、高岸宏行さんの潜在能力は間違いなくプロレベルだと思います。

高岸宏行さんは大学3年の時に故障でプロ野球選手になることを断念していますが、故障してなかったらプロ野球選手になっていた可能性も十分ですね。

ユーチューブで高岸宏行さんの投げている動画もありましたが、本当にお笑い芸人なのか疑いたくなるほどの剛速球でした。

芸能人で140キロを投げる人はたまにいると思いますが、150キロを投げるお笑い芸人は始めて見ましたね(笑)

ティモンディ(芸人)高岸宏行はファウストボールの日本代表って本当?

ティモンディの高岸宏行さんはファウストボールの選手として、日本代表に選ばれていて正真正銘のアスリートですね。

あまり聞き馴染みのないファウストボールという言葉ですが、世界最古のスポーツとも言われる歴史ある球技です。

簡単にファウストボールを説明するとバレーボールのような感じですが、バレーと違うのは腕か拳でボールを打ち返さないといけません。

バレーボールよりも広いコートで1チーム5人で戦い、ワンバウンドまでは許されているのもバレーボールとは少し違う部分ですね。

ファウストボールからバレーボールが誕生したとされ、バレーボールよりもハードな球技だなという印象を持ちました。

まだまだ日本ではマイナー競技の域を超えていませんが、高岸宏行さんが日本代表になっているのは本当に素晴らしい事です。

間違いなく言えることは高岸宏行さんの身体能力は異次元レベルで、どんなスポーツにも順応できるのも大きな才能だと思いましたね。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸宏行はトライアウトを受けた?結果は?

済美高校で甲子園出場を目指し野球に打ち込んできた高岸宏行さんは、大学3年の時に故障してプロ入りを断念しています。

高岸宏行さんは2018年から2年連続で合同トライアウトを受けて、プロ野球選手になるためにテストを受けています。

結果は2年連続で不合格という結果になりましたが、もし合格していたら芸人と野球を両立していたのか気になりますね。

今現在でも150キロの剛速球を投げれる体をキープしているのも、プロ野球選手になる夢を諦めていない裏返しだと思います。

ただ個人的に思うことはお笑い芸人とプロ野球選手の両立には反対で、どちらかに専念しないと両方とも中途半端になるような気がします。

あわよくば良い方を選ぼうという感じもしないでもなく、本気でプロ野球選手になろうとするなら芸人はキッパリ諦めないと夢は掴めないと思いますね。

高岸宏行さんが2020年もトライアウトを受けるとしたら、それなりの覚悟を決めて挑んでほしいところです。

ティモンディ(芸人)の現在の活動は?

ティモンディは現在ライブを中心として活動していて、まだテレビ出演の機会は少なく知る人ぞ知るお笑い芸人といった印象ですね。

地方のバラエティ番組にティモンディは出演していますが、アメトーク出演を機に一気に知名度が全国区になる大チャンスだと思います。

8月1日放送のアメトークでは【スポーツ推薦芸人】の特集で、ティモンディに持ってこいの企画で2人のコメントにも注目ですね。

https://twitter.com/timond_maeda/status/1151444602307530752?s=21

ティモンディはテレビ東京のバラエティ番組「ゴッドダン」に出演していますが、ティモンディが面白かったとネット上で話題になっていました。

ティモンディと雰囲気が似てると言われるのがANZEN漫才で、とくに高岸宏行さんとみやぞんさんは似ていますね(笑)

まだまだティモンディの情報は少ないのは確かですが、来週には一気にブレイクしている可能性も大いにあると思います。

高校時代に厳しい練習に耐えてきた2人なので、今までの苦しい下積み生活から抜け出してほしい本当に思わせるコンビですね。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)アメトークの評判はどう?

とにかく明るい!最高です!!

https://twitter.com/cocorocorori/status/1156938893813379072?s=21

たしかに!!戦場カメラマンの話し方に似ていますね!笑

https://twitter.com/lightgray1980/status/1156942329854382081?s=21

本当にクセの強い話し方で、強烈なインパクトでした!

こちらの記事もアメトークのティモンディの動画をご紹介しています!

ティモンディがアメトークで大活躍!前田もゴッドタンにも出演?

ティモンディがウチがやにも出演!!

ティモンディがウチがやに出演し、剛速球を披露!

https://twitter.com/ppprrr2013/status/1163887959503802368?s=20

https://twitter.com/CHOCOhalu79/status/1163844547136196608?s=20

元プロ野球選手の一茂さんが怖がるような球を、簡単にとれるってことに驚き!

でも誰も傷つけない、自慢しない!平和すぎるー!!笑

https://twitter.com/lostmayuge/status/1163830096504872961?s=20

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸宏行は野球留学で済美に推薦で入学?

ティモンディの高岸宏行さんは愛知県の済美高校出身ですが、スポーツ推薦で済美高校に入学していて野球の実力はプロ級の腕前です。

済美高校以外からも複数の強豪校から誘いがあった逸材で、プロ野球のスカウトも注目していたほどですね。

そして相方の前田裕太さんも済美高校にスポーツ推薦で入学していて、同じ野球部で切磋琢磨しているスポーツ芸人です。

中学生の時に身長は180cmを超えていて球速も135キロを投げていて、中学の頃から抜群の野球センスを発揮していますね。

数ある強豪校の推薦の中から済美高校を選んだ理由は、知り合いの先輩が行っていた高校だったからのようです。

高校野球で名門校として知られる済美高校にスポーツ推薦するだけでも、かなりの実力がないと入れないので本当にすごいことですね。

日本一厳しい練習とも言われている済美高校野球部ですが、高岸宏行さんは練習に耐えて今でも球速150キロを投げていました(笑)

ティモンディ(芸人)高岸宏行は阪神&ヤクルトのスカウトも受けていた?

ティモンディ高岸宏行さんの高校時代はプロ野球も注目する存在で、阪神タイガースとヤクルトスワローズから誘われています。

プロ志望届を出していたら育成選手として指名するかもとの話しもありましたが、大学に進学することに。。

高校時代には最速147キロの球速をマークしていますし、打者としてもホームランを20本打つなど有望選手でした。

なぜ高岸宏行さんがプロ志望届を出さすに大学進学を選んだのかは、済美高校の野球部監督に大学に進学してからプロに行ったほうが良いと言われているからですね。
もし高岸宏行さんがプロ志望届を出していたとしても、育成選手としてプロ契約となると年俸も安く活躍できる保証はありません。

済美高校を卒業後は東洋大学へ進学し野球を続けていましたが、大学3年の時に故障してしまいプロ野球の道を断念しています。

大学時代には球速も150キロを投げる本格派投手だっただけに、故障してしまったのは残念でなりません。。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸宏行は実力あるのに甲子園には行けてない?

ティモンディの高岸宏行さんが卒業した済美高校は、甲子園で優勝経験もある高校野球で屈指の強豪校ですね。

しかし残念ながら高岸宏行さんは甲子園の土を踏むことなく、済美高校での3年間は甲子園とは縁がありませんでした。

まさか!って感じですよね。。

甲子園出場にあと一歩まで迫ったのが高校3年の地方大会で、決勝戦まで駒を進めながら済美高校は惜しくも敗退しています。

この時の対戦相手とは練習試合で5戦全勝と相性が良かったのに、本番で負けてしまい高岸宏行さんの甲子園への夢は終わりました。

これは大ショックですよね。。

私も高校時代は3年間野球部に所属していたので、甲子園に出場することの大変さは理解しているつもりです。

間違いなく高岸宏行さんは甲子園に行ける実力はあったと思いますが、高校野球は一筋縄ではいかないですね。

甲子園には行けなかった高岸宏行さんでしたが、済美高校での3年間は一生の財産となり今があるんだなと思いました。

ティモンディ(芸人)高岸宏行の済美高校時代のエピソードをご紹介!

ティモンディの高岸宏行さんは済美高校で監督から気に入れらていましたが、他の選手と違い高岸宏さんにだけ厳しかったそうです(笑)なんで?笑

監督のお気に入りの選手の中でも高岸宏行さんだけ特別で、より厳しいスパルタ教育を受けていたと話していました。

監督はサウナ好きということでサウナ内でシャドーピッチングをさせて、サウナの中で裸で熱血指導されていたようです。

また選手たちに剛速球がきても打ち返せるようにと、打撃マシンの速度を200キロにし選手達は目を慣らしていますね。

すごー!!

200キロの剛速球に目が慣れた高岸宏幸行さんでしたが、逆に130キロくらいのストレートが遅く感じて打てなくなったと話していました(笑)

また監督はヘッドスライディングとバク転ができる選手は精神力が強いとの持論があったので、野球部は女子体操部にバク転を習いに行っていた選手もいたそうです。

日本一厳しい練習と言われた済美高校野球部ですが、監督のユーモアを織り交ぜた指導法だったからこそ選手も付いてきたように感じましたね。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸宏行の済美高校の監督への挨拶が強烈!

高岸宏幸さんが在籍した済美高校野球部では挨拶も厳しく、監督はもちろん先輩がいたら挨拶しないと怒られたそうです。

ただ挨拶をするだけじゃなく大声で挨拶しないとダメということで、高校内では常に緊張感を持って過ごしていたと想像します。

済美高校野球部に入部して最初の1ヶ月間は挨拶の声を揃える練習漬けの毎日で、ボールを使うこともできず女性と話すことも禁止だったそうです。

また監督への挨拶も独特なもので「はいっ!」と挨拶するのは本気じゃなく、「あいっ!」の方が本気の挨拶だったようです(笑)
普通は「あいっ!」と挨拶した方が怒られそうな気もしますが、済美高校野球部の挨拶は「はいっ!」じゃダメなんでしょうね。

済美高校時代は挨拶も大変で先輩を見かけたらどんなに遠くても、大声で挨拶しなければいけない経験が今も生きていると話しています。

何事も挨拶から始まるので高岸宏行さんの済美高校時代の経験は、今でも生かされているのは間違いありませんね。

ティモンディ(芸人)高岸宏行の済美の名監督が面白い!

ティモンディの高岸宏行さんと前田裕太さんを済美高校時代に指導したのが、高校野球の名将と言われた上甲監督でした。

上甲監督は済美高校と宇和島東高校を選抜甲子園優勝へと導いていますが、2校とも甲子園初出場で初優勝という偉業を成し遂げていますね。

そんな上甲監督は2018年に胆管がんのため急死していますが、名将と呼ばれる監督であり面白い指導法も有名な方でした。

上甲監督の練習法は真夏にジャンパーを2枚着てトラック用のタイヤを2個引いていたり、重さ2キロ近くの鉄の棒でゴルフボールを1000球打っていますね。

ある投手が指先が滑ると上甲監督に話せば食器用洗剤を手に付けてみたり、軍手をはめさせてボールを投げる練習など独特でユニークな練習法が特徴です。

何と言っても高岸宏行さんがサウナで裸で行ったシャドーピッチングでは、下半身のモノがバチーンと当たるのが良いと密室での練習は面白いですね。

朝から夜の23時過ぎまで厳しい練習漬けの毎日ですが、ただの根性論ではなく理論がも並行して持ち合わせているのが上甲スタイルだと思いました。

良い監督さんに巡り会えて本当に良かったのではと思います。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸宏行のプロフィールについて

名前:高岸 宏行(たかぎし ひろゆき)
生年月日:1992年10月8日
出身地:京都府
血液型:A型
身長:185cm
体重:90kg
足のサイズ:30cm
特技:球技全般・野球・スポールブール
趣味:温泉・神社巡り・トレーニング

まず気になるのが足のサイズ30cmという驚異の大きさと、趣味がトレーニングというストイックさはアスリートそのものですね。

済美高校時代は監督から特に厳しく指導されていて、野球部員の中でも一番怒られていたそうで怒られて伸びるタイプだと思いました(笑)

高校時代にプロから声が掛かるほど注目されていましたが、監督の助言もあり大学に進学しますが残念ながら故障でプロ入りは断念していますね。

スポンサーリンク

ティモンディ(芸人)高岸トライアウトの結果は?済美高校野球部!まとめ

引用https://tanoshika-omoshiroka.com/3258.html

以上、要チェック芸人のティモンディについてまとめてみました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする